新たな万力をついに購入

彫金日誌
万力の世代交代
スポンサーリンク

 R246JAPANコインアート作家の高橋ナオキです。

連休明けてもなかなか作業が進まないですが、少しずつ目途は立てるようになっている今日この頃。

今日は作業するために必要な工具の万力を一台購入しました。



スポンサーリンク

新しい万力です(クランプ付き)。

360°回転式です。

 ットで購入しました。値段も回転式の割にはお手頃だったし…そんなにお金もなかったし(切実)。



彫金はもちろんのこと、DIY等の作業でもこういう万力は大活躍します。

私の場合は彫刻台代わりとして使用していますが、研磨したり切削したりするために固定する役割も果たせます。

R246JAPAN

これは以前から使用していた万力です。

回転部がグラグラしていて補強しつつ騙し騙し使っていたのですが、もう限界みたいです。

最初は分解して部品の取替修復をしようと考えたのですが、頂き物な上に内部はいじれない構造になっているみたいで修復を断念して新たに購入することにしました。




スポンサーリンク

早速、テーブルに取り付けます。

R246JAPAN

 力はクランプ付きなので机の端に固定できます。

R246JAPAN

最初は気付かなかったのですが裏の方に回転させるためにはこのネジを緩める必要があるみたいです。

最初はギチギチに固定してあるため万力が回転しません。

レンチ等を使って調節する必要があります。



スポンサーリンク

新しい万力で試し彫り。

R246JAPAN

 て、購入した万力を使って真鍮板に試し彫りしてみます。

もう既に色々と彫られていますが…。

R246JAPAN

マジックで下書きして彫っています。

まだ途中ですが、万力の感想は可もなく不可もなくっという感じで特に問題ありません。

ただ、習慣って恐ろしいなと思いました。

万力を新しいものに変えたということで高さや距離感も変わりました

今までの彫りの手応えもいつもと違う感覚でした。

ここまで違うのか…と思いましたね。

彫り自体には問題ないので早く万力に慣れたいですね。



スポンサーリンク

前の万力は別の作業で使います。

R246JAPAN

 の万力は回転できなくなっただけで普通に固定は出来るので何かしら研磨する時に活用しようと思います。

とりあえず、和彫りとしての役割は引退してもらうことに。

R246JAPAN

この2台の万力はこれからもよろしくってことで一緒に頑張っていきます。



彫金日誌
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
高橋ナオキ(R246JAPAN)☆Please subscribe!
スポンサーリンク
R246JAPAN

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました