スポンサーリンク

はぐれ作家有情派のメモ欄13ページ「和彫り教室へ久々に向かった時のお話。」

スポンサーリンク
はぐれ作家有情派のメモ欄
岡本 浩先生 作
スポンサーリンク

高橋ナオキ
高橋ナオキ

コインアート作家の高橋ナオキです。

天の声
天の声

コイツに作られた天の声です。

今回は和彫りの先生、岡本先生が開いている和彫り教室に行った時のお話をしましょう。

確か、過去にも先生のことについて話してたな。




スポンサーリンク

都内にある和彫り教室に久々に行きました。

約3か月ぶりでしょうか。その前にも1年くらい教室に参加できなかったり頻繁に顔を出すことが出来ませんでした。

そんなに忙しかったのか?

その時から経済的にも苦しくてな。他にも色んなことをネット通じて試していたこともあり融通が利かなくなっていたんだ。

金銭的には未だに苦しいしな。



しかも展示会と重なっていたこともあり、行ける機会がなかったんだ。

でも、ようやく落ち着いてきて行くことができた。



時間はちょっと遅めの午後2時。

昼食を済ませて東京の和彫り教室へ向かった。


スポンサーリンク

現地の教室へ・・・ 。

先生はまだ来てないようだな。

生徒A
生徒A

あ、高橋さん!

あ、Aさん久しぶりです!

ご無沙汰しています!

生徒A
生徒A

お久しぶりですー。

先生もうすぐいらっしゃるのでお待ちくださいー。

あ、分かりましたー。


Aさんは自分よりも長く和彫り教室に通い続けている先輩だ。

グループ展示会に参加するなど積極的にアート活動している。

私はAさんと少し話をしながら岡本先生を待つことにした。

待っていると顔見知りの生徒さんが2人やってきた。

今回は4人と作業をすることとなる。

といっても、この和彫り教室はたいてい4人で作業していく少人数だ。

今回はみんな知っている人なのでマイペースで作業することができた。

しばらくすると、岡本先生がやってきた。


岡本先生の似顔絵。
公式サイトが御伽彫なので通称となってます(でも字が間違ってる…汗)


岡本先生
岡本先生

久しぶり! 高橋君!

元気? 仕事の方は順調?

まぁ、一応…何とかやってます(早く辞めたいけど)。

元気そうでよかったよー。


和彫りを始めたのは2016年。

岡本先生に和彫りを教わることにより、色んな彫り方を知り楽しくなっていった。

先生の作品は動物が多くどれも繊細で躍動感があり、すごく気に入っている。

まだまだ勉強中。いつかは目標としてる先生のような躍動感のある一品を彫り上げたいものだ。



スポンサーリンク

和彫りのことを少し紹介。

彫りには洋彫りや機械を用いたハワイアン彫りなどがある。

和彫りは金槌を叩いて彫り進める。他の彫りより深く彫り上げるのが特徴だ。

彫るのに使うたがねというものも種類が豊富である。


作品集

How to use works.

【SAKURA】The accessory of a brass engraving ”桜”【engraving】
まだまだ修行の身です。


スポンサーリンク

お!ケースに新しい作品が!

先生、また作品増えましたね!

ケースから取り出してもいいよ!



うわぁ~、細い文字だな~(笑)。

生徒A
生徒A

凄いですよね(笑)。

その分、大変だったけどね(笑)。


内側にも文字がびっしり…。

すべて手彫りで再現されています。

彫金師 岡本浩先生 作(上記画像6枚)

いやぁ~、凄いっすね!

ありがとうございますー。


岡本先生はプロフェッショナル、職人であり自身の作品を販売しながら業者に委託された仕事を請け負い、教室を開いて私達生徒に和彫りを教えて下さっている。

非常に気さくな方で、転職で上手くいかない自分をよく気にかけてくださっていた。

色々お世話にもなっているので感謝もしており、尊敬している人物でもある。



スポンサーリンク

さて、久々の手彫り。

鏨しばらく握ってなかったから自信が正直ないんだよなー。

そんなこと言って、ちゃんと手彫りやってるんじゃないー?

いや、ホントに久しぶりなんだよな…。


まずは文字の練習。

当日の朝、急いで描いた下書き。
いっつも下書きはギリギリに描くから適当になる。

カンッ! カカン! カッカッ!(金槌で叩く音)


う…ん、結構時間かかるなぁ。


しばらくして。。。


こんな感じかな。


彫ってる途中で、刃が抜けるので表面が傷ついています。
もちろん、これで完成ではありません。後日に仕上げをします。

先生、出来ましたー!

ほいほーい!

お、文字彫りもだいぶ良くなってきたね。

え、ホントですか?

やっぱり家で練習してるな~?(笑)

ホントに久しぶりなんだけどな…。


完成品はこちら。

Tried making a charm"Halloween"

作業が終わって少し雑談


金も時間もなくて正直もどかしいところはありますね(また転職しようかな…)。

僕も欲しい工具とかあるから貯金しててね。


そしてあっという間に時間は過ぎ…。


先生、今日はありがとうございました!

またねー。


という感じで教室を後にし、途中行きつけの中華料理店で夕飯を食べて帰宅した。



スポンサーリンク

久々に充実した1日を過ごすことができた。

和彫りの練習時間を多めに取っている時は行きつけの中華料理で夕食を済ますことにしてたね。


食事するときはたいてい卵とエビの炒め物にライス。
給与が出たので生ビールも注文しちゃいました。

ほう、いい休日になったんじゃないか?

本当はもっと和彫りの時間を作りたいんだけど、仕事もあるしメインのコインカットもあるし…。

時間を取ることはなかなか厳しいけど、こうして月に一回は集中して和彫りができる日を維持したいね。

やっぱり練習は大事なんだな。

先生も”数を重ねること”って言ってたね。

とにかく実践と失敗と経験を重ねないと技術は身につかないからな。

あと、実践した後に振り返って考えてみること。

ほうほう。

とにかく、試したい事があるならやるべきだね。

それで生きていくための優先順位を考えて行動する。特にお金が絡むと慎重になる必要があるね。自分にまず何が必要なのかを考えること。

将来、どんな仕事をして人生送りたいか、を。

人生をしっかり考えろと。

特に学校に通ってる時期はしっかり自分で人生のことを考えてほしい。

10代とかは時間がたっぷりあるから何かを打ち込めるチャンスはいっぱいあるけど、30代手前の自分にはチャンスが少ないわけよ。自分で生活しなきゃいけないし、大学の奨学金もまだ返納が完済してないからな。

でも、そんなことになったのもチャランポランな学校生活にしてしまった自分の責任だからしょうがない。後悔しても時間の無駄。

後悔するのであれば気づいた時に自分でどうにかしろ、ってことになるね。

お前の人生については過去に記事にしてたな。



何事も経験ですね。

ですね。



スポンサーリンク

今回のMEMOはこちら!

久々に教室に行くと改めて技法に関して気づくことがあります。

やっぱり何事もやってみないと分からないですね。

  • 数を重ねて考える。
  • お金と引き換えに時間を使う、時間はお金と引き換えすることはできない。
  • 人生は一度っきり、恐れずどんどん進んでいこう。

P13


この一日の授業でまた成長を感じました。

習慣にするのは難しいけど、ブログも一緒に将来への可能性を開拓していけるといいな。

がんばれ30代。



コメント欄

タイトルとURLをコピーしました