コイン通信vol.16「造幣局からサザエさんの貨幣セットが届く」

コイン通信
スポンサーリンク

高橋ナオキ
高橋ナオキ

コインアート作家の高橋ナオキです。

天の声
天の声

コイツに作られた天の声です。

さて、今回は通信販売で購入した貨幣セットを紹介したいと思います。

造幣局から購入したものですね。



スポンサーリンク

サザエさんはなんと50周年を迎えました。

アニメ『サザエさん』が1969年(昭和44年)10月5日に放映されてから今年で50周年を迎えました。

それを記念して造幣局がサザエさん記念貨幣セット通信販売しました。



なお、ほぼ同時期には映画”男はつらいよ”貨幣セットも発行されていました。

こちらも公開されてから50周年を迎えた記念で貨幣となりました。

こちらは通常と異なり、特殊加工で製造されたプルーフ貨幣セットとして発行されました。



プルーフセットも買いたかったんですけど…高いんですよね。

それは残念ですね。



スポンサーリンク

それでは貨幣セットを見てみましょう。

サザエさんシリーズ御開帳です。


サザエさんアニメ放送50周年貨幣セット

実は貨幣セットを購入するのは今回が初めてなんですよね。

ほうほう。


中を開けるとサザエさんに関するパンフが


貨幣とご対面


貨幣の中心にじゃんけん板を持ったサザエさんが


反対側はエンディングでお馴染みの猫のタマ

貨幣には令和元年の文字が刻まれています。

背景は今まで放映したシーンで構成されているのか。


少々見づらいですが、ケースカバーには貨幣の材質は直径等が詳しく記載されています

貴重な体験ができました。



スポンサーリンク

貨幣セットもしっかり保存。

貨幣をコレクションとして状態の良いまま保管していくためには直接手に触れないことが重要です。



ここまで密閉する必要ないと思いますが…。

飾らないのか、なんか勿体ないな。

貨幣セットはケースに保管されているので貨幣に関しては心配はないですが、箱や付属品も凝っている一品ですので色褪せたりしないよう日の当たらない湿気のない場所に保存しておこうと思います。

ちなみにケースも開けておりません。

随分と気を使うんだな。

コレクターにとって、コインの保存方法は”永遠のテーマ”だからな。

密閉してもホチキスの針が錆びたりとか、ビニールポケットの化学物質がどうとか…。如何にいい状態に保存できるかコレクターも色々考えてるからね。



スポンサーリンク

編集後記

江戸古銭の寛永通宝をアクセサリーにしてみました。


こちらは貨幣としては廃止されておりますので加工しても法律上問題ありません。

カットして組紐に括り付けて扇子につけました。


Coin Cut Art -cut out an old coin-

へぇ~、新しい使い方ですね。


こういう風な楽しみもいいものですね。



スポンサーリンク

次回はこちら!



コイン通信
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
高橋ナオキ☆Please subscribe!
スポンサーリンク
R246JAPAN

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました