コイン通信vol.24「造幣局から”百舌鳥・古市古墳群世界遺産貨幣セット”を購入」

コイン通信
スポンサーリンク

高橋 ナオキ
高橋 ナオキ

コインアート作家の高橋ナオキです。

天の声
天の声

コイツに作られた天の声です。

今回は日本の貨幣を製造している造幣局から購入した貨幣を紹介したいと思います。




スポンサーリンク

貨幣セットのデザインとなった”百舌鳥・古市古墳群”とは。

大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳とも)でも有名ですよね。

小さい頃はよく鍵穴のお墓みたいだと思っていました。


百舌鳥・古市古墳群もず・ふるいちこふんぐん

 大阪府の市内古墳群で古墳時代(4世紀から5世紀)に形成されたようです。

古墳とは古くから日本列島を各所を支配していた王や権力者のお墓で、古墳群は複数から成り立つものです。

百舌鳥・古市古墳群も多数の古墳から形成された墓群で鍵穴の形をした前方後円墳型の大仙陵古墳と様々な古墳のデザインが評価され、2019年7月に世界文化遺産に正式登録されました。


簡易的に説明してしまいましたが、興味のある方は下記のオフシャルサイトに詳細情報が記載されております。

もともと観光スポットとしても有名でしたが多くの方が眠っているお墓なので静かに周遊しましょう。


公式 百舌鳥・古市古墳群世界遺産保存活用会議

百舌鳥・古市古墳群 日本語TOP|世界遺産 百舌鳥・古市古墳群(もず・ふるいちこふんぐん)
世界遺産 百舌鳥・古市古墳群のサイト(大阪府・堺市・羽曳野市・藤井寺市)。古墳群や世界遺産の基本情報、登録推進活動のほか、「もずふる・こどもQ&A」など楽しいコンテンツを掲載。

百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録を記念して、造幣局は2020年3月12日に世界文化遺産貨幣セットの販売申込受付を発表しました(現在は受付終了)。

同日には登録先である大阪府に世界文化遺産貨幣セットが造幣局から贈呈されました。



貨幣セットの購入はサザエさんセット以来だな。


それでは購入した貨幣セットを見てみましょう。



スポンサーリンク

百舌鳥・古市古墳群世界遺産貨幣セットは6月中に届きました。

百舌鳥・古市古墳群世界遺産貨幣セットは販売申込数量が販売数量を上回り、抽選となりました。

また、コロナウィルスの影響で到着も大幅に遅れたとのこと。

私は当選となり、実際に届いたのは6月の半ばでした。


最近、収集貨幣に関しては保存も考慮して綿100%の手袋を使用するようにしています。

お、仁徳天皇陵。

ページを開くと百舌鳥・古市古墳群内にある古墳写真が掲載されています。

中心には大仙陵古墳メダルが配置してあります。

反対側だと百舌鳥・古市古墳群シンボルマーク・ロゴのデザインとなっております。

上図のように解説では英文の表記もされています。

過去のミントセットでも英文を表記しており、グローバル化に取り組んでいます。

世界文化遺産ということもあって、話題性も十分だな。



スポンサーリンク

購入し損ねた、抽選で落選した人も…。

今回の貨幣セットの購入に関して、造幣局からの販売受付は既に終了しております。

ですが、仕入れた業者販売する可能性十分ありますし、今まで販売されてきた貨幣セットシリーズネット販売されています。

まだまだ貨幣セット入手する機会ありますので、しばらく間をおいて市場に出回るのを待ちましょう。

でも、それだとと高くなるんじゃないの?

業者にとっては商売だから原価より高いのは必然的だよ。実際、貨幣が入ってることもあるしな。

ただ、古いシリーズになっていくと出回っているミントセットでも、安くはなっている気がするな。

ストック期間が長いとそうなるのかね?

そうかもしれないね、価格は専門店によってだけどね。

専門店のネット販売の他にはネットフリマ(メルカリ等)でも貨幣販売の取引がされています。

ただ、保存状態等気になる方日本貨幣商協同組合(JNDA)加盟しているコイン専門店での購入推奨します。




スポンサーリンク

過去にも世界文化遺産貨幣セットが販売されており、市場にも出回っております。

1995年法隆寺を始めとし、多くの世界文化遺産貨幣セット造幣局によって販売されました。








これらはほんの一部ですが、このように造幣局から世界文化遺産貨幣セットが販売されてきました。

皆さんも貨幣セットを購入したら大事に保管しましょう。




スポンサーリンク

編集後記

今回は世界文化遺産貨幣セットを紹介しましたが、造幣局では世界自然遺産貨幣セット販売してきました。






今更だけど富士山って世界文化遺産なんだな。

なんか、文化遺産って人工による建築物の印象があるんだが。

富士山って山だし。

富士山は”富士山-信仰の対象と芸術の源泉”という正式名で2013年6月世界文化遺産登録された。

実際は富士山だけでなく、その周辺の山中湖,神社や登山道等の25か所世界遺産登録されました。

もともと富士山は世界自然遺産としての登録を目指していました。

しかし、登山者のゴミ問題による環境保全の困難が原因で自然遺産の登録はされませんでした

そういう経緯もあり、富士山は自然から文化遺産として登録されることを目指すこととなりました。

それにしても富士山-信仰の対象と芸術の源泉か…。

まるで芸術作品の題名みたいだな。

まぁ、登録された理由も名前の通りなんだけどね。

富士山には古代から山岳信仰の説があり、芸術的源泉としても後世に伝えられてきたことを評価されて世界自然遺産に登録に認定されました。

登録へ向けての活動が始まって21年後のことです(但し、一部登録箇所歴史上精査等の条件付き)。

ゴミ問題に関しても今後の課題だな。




スポンサーリンク

次回はこちら!



コメント欄

タイトルとURLをコピーしました