スポンサーリンク

コイン通信vol.9「造幣さいたまサンクスフェア2019(入場無料)の開催など!」

スポンサーリンク
コイン通信
スポンサーリンク

高橋ナオキ
高橋ナオキ

コインアート作家の高橋ナオキです。

天の声
天の声

コイツに作られた天の声です。

今回はお題が2点ございます。

ほうほう。



スポンサーリンク

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第三次発行分)の打初め式が決定しました。

場所は造幣局の本局、大阪です。

開催日令和元年11月8日で公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会代表者が参加します。皆さん競技選手でメダリスト経験者ですね。



第三次発行する記念貨幣は以下の通りです。

引換開始日等2020年1月頃を予定しているとのことですが、詳細に関しては2019年12月頃財務省から発表される予定です。

なお、金貨と銀貨に関しては金融機関等引換えは行わず、造幣局から通信販売となります。

申込受付期間は2019年11月1日(金)から3週間程とのことで、詳細に関しては下記財務省のホームページもご覧ください。



造幣局オンラインショップ

造幣局オンラインショップ

記念貨幣購入を考えていらっしゃる方は上記のリンクから会員登録されることをおススメします。

貨幣や販売品の販売受付に合わせダイレクトメールで情報が届きますのでお得です。


まぁ、金銀貨幣はプレミアム貨幣なので必然的に金額は高くなります。

金銀は高いからな。

百円貨幣の方は多く発行されて金融機関へ引き換えできますので、記念に手に入れるのもいいかもしれないですね。

さて、次のお題です。



スポンサーリンク

今年の10月19日(土),20日(日)、造幣局さいたま支局で造幣さいたまサンクスフェア2019の開催されます。入場は無料です。

開局3周年を迎える造幣局さいたま支局が”造幣さいたまサンクスフェア2019”というイベントを開催します。

しかも、このイベントにある子供を対象としたコーナーでは、日本銀行券(紙幣)製造している国立印刷局と共演するという面白そうな企画もあります(キッズ限定ですが…)。

入場無料ですので家族で楽しくお金のことを学ぶことができます(制作体験コーナーは有料)。




あれ? お前、先月も造幣局に見学しに行ってたよな?

また行くの?



特別展示とかだったら行かなかったけど、今回は行かざるを得ないと。

どういうこったよ?


ブレイクタイム









基本的に平日しか受付していない工場見学がフェア期間中の土日は見学可能


前回は工場見学できなかったのですよね。

平日は仕事なのでこんな機会がないと見学できませんからね。

土日しか空いてないので、工場見学できるなら今回がチャンスですね。

なるほどな。

それにコーナーも盛り沢山ですからね。是非とも参加したいですね。


ブレイクタイム









制作体験コーナー(有料)やキッズアカデミー、様々な企画が目白押し


造幣局の職員が教える制作体験やマスコットキャラクターとも写真が撮れるサービスもあります。

家族との思い出にいかがでしょう。

えと、キャラクターって何だっけ?

コインくんだ。


コインくん

そのまんまじゃねえか。

それ、この前も聞いた。



ブレイクタイム









貴金属製品の洗浄サービスも


博物館の2階では貴金属製品品位証明業務を紹介しております。

そこで貴金属製品の洗浄サービスも行っているとのこと。ただし、製品によっては洗浄出来ないものもあるので注意。

へぇ~、サービス良いな。

前回も品位証明業務に関しての話は触れましたね。

なお、貴金属製品の品位証明業務造幣局さいたま支局のみで行われおり、貴重なお話が聞けそうですね。




スポンサーリンク

編集後記

さて、少し経ちましたが2019年(令和元年)9月11日に第4次安倍第2次改造内閣が成立され、内閣も大きく顔触れが変わりました。

その中で麻生太郎副総理は安倍内閣を留任することとなり、引き続き財務大臣,内閣府特命担当大臣(金融担当)等を兼任します。

凄いな、役職どれだけあるんだ?

もう長いこと政府内で日本の経済に携わってたからね。財務大臣も長いこと担当して他の役職も兼ねて、もうすぐ80歳になられるのに本当に凄いよな。

凄いといったらファッションもある意味凄いので一時期話題になったな。

ファッション?

これ。


麻生財務相、ド肝を抜く“ギャング・ファッション”と控えめな資産額に驚きの声―中国版ツイッター - ライブドアニュース
2013年2月15日、麻生太郎財務相がモスクワへ旅立つ際のインパクトあるファッションが、海を越えた中国でも注目されている。【その他の写真】15日、モスクワで行われる主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀総裁会議に

イタリアのシチリアにいる”アレ”だな。

アメリカや中国にもいる”アレ”ですね。



スポンサーリンク

次回はこちら!



コイン通信
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
高橋ナオキと天の声☆Please subscribe!
スポンサーリンク
R246JAPAN

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました