棚のスペースを撮影用ディスプレイ空間にカスタマイズ

彫金日誌
R246JAPAN
スポンサーリンク

 R246JAPANコインアート作家の高橋ナオキです。

販売に向けて準備をしている最中です。

今回は作品を撮影するためのスペースを作っていきたいと思います。



スポンサーリンク

なぜ、ディスプレイスペースを作ろうと思ったのか。

Tried making an earring /cut out coin"Scorpio"

 作した作品はこのようにYouTubeやSNS等に撮影しています。

今まで気になっていたのですが、しっかりと撮影のできる空間が欲しいなと考えていたのです。

そこで、今回は思い切って撮影用のディスプレイスペースを作ることにしたのです。

これから販売するための作品撮影も考えていかなければいけないのでね。



スポンサーリンク

カスタマイズしていくディスプレイスペースはこちら。

R246JAPAN

 スタマイズするスペースは仮面が収納されている左側の方です。

もともとは本棚だったのですが、本も必要な分を整理,処分したのでスペースが余ってしまいオブジェを置いていました。



今回はその余ったスペースを撮影用にカスタマイズしていこうということです。



スポンサーリンク

材料を用意して作業開始

R246JAPAN

 意したのは黒のフェルトと両面テープです。

R246JAPAN

こんなふうに両面テープを貼り、面積に応じてフェルトを切断します。

R246JAPAN

こんなふうにフェルトをテープで貼り付けます。

R246JAPAN

ちょっとズレてたらググっと寄せて調整します。

フェルトで柔らかいので普通紙と違って多少調整の融通が利くので便利です。

R246JAPAN

フェルトを貼り終えました。

後は、ネットで購入した照明器具が届くまで待ちます。

ちなみになぜ背景を黒にしたかというと、自分の作る作品は金工品がほとんどなので金属の光沢が目立つようにしたかったからです。

作品自体も小さいものが多いのでこのくらいのスペースでちょうどいいと思います。

照明器具が到着したら実際にセッティングして撮影してみたいと思います。

それでは、今日はこの辺で。




彫金日誌
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
高橋ナオキ(R246JAPAN)☆Please subscribe!
スポンサーリンク
R246JAPAN

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました