模様彫りの練習と太った叔父の話

彫金日誌
R246 JAPAN
スポンサーリンク

R246JAPAN、コインアート作家の高橋ナオキです。

暑くなってきましたね。コロナウィルスの影響が早く沈下してほしいものです。



スポンサーリンク

せっせと変わらず…

彫りトレーニング

 日も彫り修行の日々。早く販売用の作品を制作したいですが、自分には技術がないので練習あるのみです。辛抱、辛抱。

R246JAPAN

上図は下書きという名の落書きです。

今回は枠模様彫りの練習をしたいと思います。

R246JAPAN

試し彫りした真鍮版です。独学の私はこのようにタガネで色々と試しています。



スポンサーリンク

まだまだ手探りだけど…。

結構、良い感じかも。

 金はニッケルの大型円の材質をチョイスして和彫りしました。

R246JAPAN

これはまだ途中ですが中心は先端工具で削って空洞を作ってます。

外枠は一定の角度と幅で彫りました。

まだ作業途中の上図ですが、4つの異なる模様を彫っています。

R246JAPAN

とりあえず模様を彫り終えました。至らない部分が多いですが、実践できてよかったです。もっとこのような模様が彫れる機会を作りたいです。

R246JAPAN

少し照明の位置をずらし、光の反射を変えてみました。

ニッケルは彫りやすくて良い練習になりました。

まだまだ作業の途中ですので、気を引き締めてやっていこうと思います。



スポンサーリンク

裏も下書き

まだまだ続く作業

 だまだ完成ではありません。

裏にも下書きして彫ります。

R246JAPAN

Xスクロールの下書きです。周りの枠は何を彫るかまだ決めてません。

しかし、万力がイカれてからはだいぶ作業しずらくなったな…。

しかし、撮影は難しいですね。なかなか思ったように写真が撮れないのでもう少し勉強しようかと思います。

作品もできたら記事にしたいと思います。



スポンサーリンク

久々に会った叔父と昼に蕎麦を食べる。

叔父は板金工の社長で現在三重県で生活している

 重県で生活していた叔父がこちらに戻ってきているということで久々に会うこととなった。

緩和はされているものの、コロナの影響で県をまたいで移動するのはやはり大変なようだ。

三重では良い生活をしているみたいだ。得意先とゴルフ,飯,飲み、典型的な接待ですね。

借りているアパートではやることがないときは仕事がない時間、近くの海辺で釣りをしていたようだ。

船の板金工事をしており羽振りはいいらしい。社内旅行も全国各地を回り、去年はゴルフで繋がった得意先に沖縄へ行き、飲み、食べ、クラブでも飲んでいたらしい。

クラブでは某大企業の社長にご馳走になったそうだ。

楽しそうな生活してるな…と思ったが、インドア派の私にとっては疲れる気がした。

あと、三重県は食べ物が美味しいらしく、肥満だった叔父がさらに太った気がした。

とはいえ、板金工は叔父の天職なんだな。自分も躍動できるように頑張ろうと感じた一日であった。




彫金日誌
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
高橋ナオキ(R246JAPAN)☆Please subscribe!
スポンサーリンク
R246JAPAN

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました