スポンサーリンク

完成した作品をYoutubeの動画としてアップロード。

スポンサーリンク
DIARY
スポンサーリンク


高橋ナオキ
高橋ナオキ

コインアート作家の高橋ナオキです。

コイツに作られた天の声です。

一応、このDIARYのカテゴリーでは近況報告も載せていきたいと思います。



スポンサーリンク

早速ですが、ブローチを作りました。

そのブローチは動画としてyoutube上にもアップロードしました。


動画はこちらです。

Tried making a brooch with a coin
高橋ナオキ 作


これは本物の外国コインに穴を開け、その穴から糸鋸で文字だけを残しカットしていきます。そして、透かし彫りのように文字を浮かせて見せる表現をしました。この技法は日本でコインカットと呼ばれますが、アメリカではCoin Cut Art(コイン・カット・アート)と呼ばれています。

俺もコインカットでできたんだよな。

そうだよ、自分はコイン・カット・アートと呼んでいます。

へぇ~、これブローチなんか。

裏にピンを接着剤で付けました。

ブローチは参加した公募展ZEN展でジャケットに着用して向かいました。




スポンサーリンク

コインはパラグアイで発行されたものです。

1953年製のもので、単位はセンティモと呼ばれています。


材料はアルミニウム青銅でアルミと銅の合金です。

なんか、変わった形のコインだな。

なんでこういう形になっているのかというと、偽造防止のためなんだ。

偽造防止?

こうやってコインに工夫をして大量発行させないようにしたり、技術的に偽造を困難にさせて断念させたりして国家は対策をしていたんだ。

なるほど、コイン通信で話をしたバイカラー・クラッド(二色三層構造)も対策の一つだったのか。



そう、技術がさらに高くなると偽造もされなくなるしね。



スポンサーリンク

このような変わった形のコインは香港にもあります。

これは2年ほど前の作品ですね。


coin cut-香港 Hong Kong 2 Dollars
高橋ナオキ 作

香港のコインですね。

おお、ホントだ。



スポンサーリンク

このパラグアイコインは楽天でも販売しております。

もし、購入を考えていらっしゃったら、こちらからも購入できます。




ほう、面白いな。

パラグアイのコイン事情も別枠のコイン通信でいつか記事にしたいですね。




DIARY
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
高橋ナオキと天の声☆Please subscribe!
スポンサーリンク
R246JAPAN

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました