この前の続き。

彫金日誌
R246JAPAN
スポンサーリンク

 く脱サラしたい。

どうも、R246JAPANコインアート作家の高橋ナオキです。

相も変わらずもがいている最中です。



スポンサーリンク

コツコツと彫金練習中です。

この間は表の方を彫っていました。

 今、仕事が終わり帰宅したら練習の体で円形のニッケル金属で和彫りトレーニングをしております。

前回はとりあえず表面を彫っていました。今回は裏面の下書きで終わったので本格的にタガネで和彫りしていきます。



R246JAPAN

これは前回でも掲載した下書きの部分ですね。

もうインラインの△を彫っちゃってますけど、まず文字のXの外枠とインラインの△模様を彫る作業に入ります。ちなみに金属を固定している素材は松脂です。

R246JAPAN

やや幅広い毛彫りタガネを使って文字の大枠を彫り、インラインの△を彫っている最中です。

ちょっと見づらいですが、インラインの間隔がちょっと均等じゃないですね。あまり幅が狭くて△跡がお互いくっついちゃうと綺麗な△模様ができないので注意したいですね。

あと、上手く△彫りできずに形が崩れてしまった箇所もありました。反省、反省。

R246JAPAN

インラインを彫り終えました。円形ということもありますが、最近では積極的にコンパスを使い成形して彫っています。

R246JAPAN

うーん、Xと△を囲っている曲線の彫り跡がちょっと甘いですね。

さらに曲線の形もズレてて和彫り特有の力強さがなく、説得力がないです。精進、精進。

R246JAPAN

こうして見ると緩やかな曲線とぎこちない曲線がよく分かります。左側はタガネの傾け加減が足りずツギハギになっています。右側はしっかりとタガネを傾けてスムーズに彫ったので力強い曲線が敷けました。

R246JAPAN

光沢をもった金工品は光の照らし加減や角度の変化でだいぶ印象が変わってきます。

これらの画像は照明の焦点や角度を変えたり白紙で周囲の明るさを調整したりしていますが、制作している私が観察してもどの画像も全く印象が異なりますね。

思ったより彫れてないな、ちょっと彫り跡が荒い、この角度から見ると綺麗に見えるとか様々な発見ができました。

さて、この後は文字に細かい彫りを入れて外枠の下書きみたいな流れになると思います。

Xは全体的に深く彫れた印象です。

まだまだ作業は続きます。



スポンサーリンク

前回の記事を書き終えて思い出したのですが。

撮影した写真加工も趣味の一つ



 影した画像は雰囲気作りで加工したりしています。

R246JAPAN

上の画像は初めて加工したものですかね。写真も自分で撮影したものです。

それが今ではブログの素材として役に立っています。

背景の壁も自分で撮影して黒に加工したものですからね。

R246JAPANのブランドロゴも一からデザインしたものです。

やってきたことでもブログ運営に役立つとは、人生に無駄なことはないんだなとしみじみ感じました。

ロゴステッカー

携帯工具入れ

工具入れ等

名刺

Small things add up to make a big difference.




彫金日誌
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
高橋ナオキ(R246JAPAN)☆Please subscribe!
スポンサーリンク
R246JAPAN

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました