販売作品第一号、完成

彫金日誌
R246JAPAN
スポンサーリンク

 R246JAPANコインアート作家の高橋ナオキです。

今回は作品の総仕上げとしてカッティングしたコインに天然石を詰めていきます。



スポンサーリンク

まずはカットした空洞に詰める石を砕きます。

R246JAPAN

 回石詰めするコインは韓国の記念コインです。

総仕上げなので手袋を着けて作業していきます。


YouTubeにもアップロードしています。

coin art (cutting ver)

R246JAPAN

材料にする石はマラカイト(孔雀石)です。

緑で見栄えが良いでチョイスしました。




マラカイトを使用した作品はこちら。

Tried making a coin with pebbles

R246JAPAN

このように石を細かく砕いて空洞を埋めていきます。

R246JAPAN

なるべく隙間なく塞いでいく作業は地味ながら目に来るものですな。

樹脂で固めるため水溶性のレジン液で石とコインを接着させます。

R246JAPAN

UVランプでレジンを硬化させます。

R246JAPAN

レジンを硬化させた後もまだ空洞が目立ちます。

さらにその穴を隙間なく塞いでいく作業を何度か繰り返します。



スポンサーリンク

だいぶ空洞がなくなりました

R246JAPAN

 うちょい手直しして完成です。

意外と時間かかりましたね。

R246JAPAN



スポンサーリンク

光に当てるとさらに綺麗。

R246JAPAN

 間から緑の光が放たれます。

R246JAPAN

もちろん、しっかりレジンで固められているので耐久性に問題ありません。

R246JAPAN

凸凹感が表現できて良かったです。

色々と時間がかかりましたが遂に完成しました。

これが販売作品の第一号です。

これからこの作品の撮影をしてしっかり保管しておきます。

これからはR246のディスプレイ作品として、頑張って!



彫金日誌
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
高橋ナオキ(R246JAPAN)☆Please subscribe!
スポンサーリンク
R246JAPAN

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました